XMでFXをするにはこの通貨ペアでトレードすると良い結果が出る!?

FXというのは「Foreign Exchange」の略で、そのまま訳せば外貨を両替する、という意味になります。
通貨というのは、その国の経済によって価格が変動していくものなので、それによって差益を得ようとするのがFX取引です。
XM.COMでは、どのようなFX取引を行っているのか見てみましょう。

 

 

そもそもFX取引とはどんな仕組みなのか?

FX取引では、2つの通貨を組み合わせた通貨ペアで、どちらかの通貨を売買することで取引が行われます。
通貨ペアは「A/B」というふうに表し、この価格が「100」であるとすると、AがBに対して100倍の価値を持っている、ということになります。
たとえば、「米ドル/円」の価格が「120」であれば、1ドル=120円となるわけです。

 

この価格は私たち日本人にとってはなじみ深いもので、数字が上がれば1ドルに対する円の価値が下がって円安となり、逆に数字が下がれば円の価値が上がって円高となるということは、ニュースなどでもよく触れられていると思います。

 

このようなレートの変動を利用して、安く買って高く売ることで差益を得るのが、FX取引の目的です。

 

もともとFX取引には現物をやり取りする必要がないため、1990年代後半からはインターネットの発達とともに、その取引がますます活発になり、世界中に広がって行われるようになりました。

 

通貨の価格自体が安く、また大きなレバレッジをかけられることから、誰でも参加しやすい手軽さがあり、さまざまな市場のなかでももっとも流動性が高いといわれています。

 

世界各国で市場が開かれているので、おもな市場だけでもロンドンからニューヨーク、東京、そしてシドニーと24時間つねにどこかで活発な取引が行われています。

 

その取引高は現在、わずか1日で5兆米ドルを超え、経済成長の80%以上はその活動によって支えられているとされています。

 

取引に参加するのは個人の投資家以外にも、政府や中央銀行から、信託会社や機関投資家まで、さまざまな組織や団体にまでおよんでいます。

 

XM.COMではどんなFA取引ができるのか?

XM.COMでは、FX取引において幅広い通貨を取り扱うことができます。

 

「米ドル(USD)」をはじめとして、「ユーロ(EUR)」、「円(JPY)」、「英ポンド(GBP)」、「豪ドル(AUD)」、「スイスフラン(CHF)」、「カナダドル(CAD)」といった主要通貨はもちろん、ほかにもマイナーな通貨まで含めて全部で50種類以上の通貨を取り揃えています。

 

そのなかから、さまざまな通貨ペアを選んで取引することができます。

 

価格はつねに市場にアクセスすることで更新されていくので、いつでも最新で正しい提示で安心して取引を行うことができます。

 

主要通貨のなかでは、もっともなじみが深いためにドル/円を選択して取引している人も多いと思いますが、ドル/円はトレンドが出にくいので、なかなか利益を上げるチャンスもつかみにくい通貨ペアです。
それにくらべると、ユーロはスプレッドも狭く、ある程度の値動きも期待できるので、ユーロ/ドルやユーロ/円は初心者にもおすすめできる通貨ペアです。

 

一方、英ポンドはとても激しい値動きを見せる通貨なので、リスクはありますが、ある程度慣れてきたら手を出してみるのも面白いかもしれません。