XMのスプレッドは狭いのか?果たして広いのか?

XM.COMでは、スプレッドが広いという評判がよく聞かれます。
その一方で、トレーダーの満足度は高く、ボーナスなどを利用することで取引コストは十分に抑えられるという側面もあるようです。
ここでは、XM.COMのスプレッドについて詳しく見ていきましょう。

 

 

XM.COMのスプレッドはトレーダー本位で設定されている!

スプレッドは取引にかかる手数料のようなものなので、これが狭ければ狭いほどトレーダーの取引コストは安くなります。

 

ところが、スプレッドを狭く設定しているFX業者に多いのですが、トレーダーの注文を直接市場に流すのではなく、まず業者が決済してしまうという執行方式を取っているところが多くあります。

 

この方式の場合、トレーダーが損失を出せばそのまま業者の利益となり、トレーダーが利益を出せばそのまま業者の損失となってしまいます。そこで間にディーラーを挟むことで、なるべく業者に利益が出やすいように、レートの設定などを操作させているのです。

 

スプレッドが狭いという裏側には、じつはこのようなカラクリもあるわけです。

 

一方、MX.COMでは間にディーラーを置くことなく、直接市場に流すというノー・ディーリング・ディスク(NDD)方式を取っています。

 

この方式であれば、業者にとっての利益は純粋にスプレッドだけになるので、トレーダーが活発に取引を行えば行うほど利益が出る、つまりWin-Winの関係を結べるようになるわけです。

 

そのため、XM.COMではつねにリアルタイムで適正なレートが提示され、トレーダーが損失を出さないよう、約定力を高めることを第一に考えた環境を整えています。スプレッドが広めに取られているのには、そのような側面もあるのです。

 

また、固定スプレッドは安定したコストで取引が行えるのが魅力なのですが、多くのFX業者では経済指標の発表など、レートが変動しやすいタイミングで制限をかけることがあります。
しかし、MX.COMの固定スプレッドにはそのような制限がいっさいないので、つねに安心して取引を行うことができるのです。

 

 

XM.COMの具体的なスプレッドは?

XM.COMのスプレッドは、公式サイトに一覧表として掲載されています。
実際に主要通貨の欄を見てみると、米ドル/円やユーロ/米ドルで2.0pips程度、ポンド/米ドルで2.5pips程度となっていることが分かると思います。
たしかに、これはほかの業者とくらべると広めのスプレッドといえるでしょう。

 

特に、スキャルピングのように何度も短い取引を繰り返すようなトレーダーにとっては、かなりのコスト負担となってしまいます。

 

これを抑えるためには、各FX紹介サイトを経由して登録することで、1万通貨単位ごとに0.75米ドルのキャッシュバックを得られるというサービスも用意されています。つまり、これを利用することでスプレッドを取引ごとに0.75pipsもカットすることができるわけです。

 

また、XM.COMでは4桁ではなく、5桁の数値によるフラクショナル・ピップ価格が採用されています。桁数が多くなるということは、それだけ適正な価格が設定できるとともに、その分だけわずかな価格変動によって利益を上げるチャンスも増えるということでもあります。
このことも、取引コストを減らしていると考えることができるでしょう。

 

 

XM Zero口座を活用して取引コストをカットしよう!

XM.COMでスプレッドのコストを根本的に解消するための方法が、新たに登場したXM Zero口座です。
この口座では、文字通り最小で0pipsから、米ドル/円やユーロ/米ドルなら0.4pips程度、英ポンド/米ドルなら0.6pips程度というとても狭いスプレッドで取引を行うことができるようになります。
その代わり、ほかの口座では無料の手数料が10万通貨単位ごとに5ドルかかることになります。1回の取引で注文と決済を行うことになるので、実質往復で10ドルかかるといえるでしょう。

 

この場合の10ドルは1pipsにあたるので、合計で1.4pips程度と、それでも通常の口座で取引を行うよりは大きくコストカットできることになります。

 

これを利用すれば、スキャルピングでも十分にXM.COMを活用できるようになります。
自分のトレードスタイルに合わせて選んでみたり、または複数の口座を持って、取引ごとに使い分けてみるという方法もよいでしょう。
ただし、XM Zero口座では入金時にボーナスが加算されないので、そこも含めて考えるようにしてください。