他社とはMT4のサポート力が違う。MT4を使いこなせれば勝機UP!!

XM.COMでは、プラットフォームにMetaQuotesSoftware社開発によるメタトレーダー4(MT4)を用意しています。
今や、世界でもっとも多くのトレーダーに使用されているというMT4ですが、なぜそこまで広く支持を集めているのでしょうか。
ここでは、その理由と実際にXM.COMでの使い方について見ていきたいと思います。

 

MT4はもはやFX取引には欠かせない万能プラットフォーム!

MT4の最大の魅力は、ひと言では言い表せないその多機能性にあります。

 

特にチャートの高機能ぶりは充実していて、さまざまなチャートやテクニカル分析をいくつも同時に画面に表示したまま、ポジションのチェックや注文まで行ってしまうことができます。

 

また、あらかじめ組み込まれているだけでも50種類あるテクニカル分析に、自分で考案したチャート分析を導入することもできます。そのようにして、どんどん自分のトレードスタイルに合わせてカスタマイズしていくのもMT4の大きな魅力です。

 

さらに、エキスパートアドバイザー(EA)を使用することで、プロの作ったものや自分でプログラミングしたストラテジーで、自動売買まで任せることができてしまいます。

 

ほかにも、便利なアラートや、データベースの管理、バックアップなどの機能も備えていて、いたれりつくせりといった設計になっています。

 

これだけの万能プラットフォームでありながら、すべて無料で使用することができるのだから、トレーダーに支持されるのも納得です。もちろん、XM.COMではFX取引以外にも、コモディティ、株価指数、貴金属、エネルギーとすべての商品をMT4で取引することができます。

 

メタトレーダー4を実際に導入してみよう!

MT4をXM.COMで使えるようにするには、まず公式サイトからファイルをダウンロードする必要があります。

 

トップページの上部にある「プラットフォーム」をクリックし、「PC/MAC」の列から「PC対応MT4」を選んでクリックします。

 

移動したMT4のページで、画像の右下にある赤い「ダウンロード」のボタンをクリックします。

 

「xm4setup.exe」のファイルをダウンロードしたら、あとはダブルクリックして指示どおりにインストールを進めてください。

 

MT4が起動したら、IDとパスワードを入力してログインします。

 

 

MT4で実際に取引してみよう!

MT4で新規注文を行うには、自分が買いたいチャートの上で右クリックし、「注文発注>新規注文」と進みます。

 

「注文の発注」というウィンドウが出るので、注文したい数量を、マイクロ口座なら1000通貨単位で1lot、スタンダード口座なら10万通貨単位で1lotに換算して入力します。

 

成行注文をしたいときは、「注文種別」を「カウントダウン」にして、売るなら「成行売り」を、買うなら「成行買い」をクリックします。

 

指値注文や逆指値注文を行いたいときには、注文種別を「指値または逆指値注文(新規注文)」にして、数量と指値、価格を入力していきます。その下の注文種別を、指値買いなら「Buy Limit」、指値売りなら「Sell Limit」を選んで、最後に「送信」をクリックします。

 

決済をするときは、画面の下にある取引タブに今持っているポジションが表示されているので、その右端の×印をワンクリックするだけで完了です。

 

それ以外にも、ポジション欄をダブルクリックすると決済画面が表示されるので、そこで「成行決済」ボタンをクリックして決済することもできます。