XMはWindows10に対応しているの?

2015年7月29日に、Microsoft社から新しいOS「Windows10」がリリースされました。
すでに利用を始めている方もいるのではないでしょうか?
気になるのは、XM.COMではどこまで対応しているのか、という点です。それを、ここで見ていくことにしましょう。

 

WindowsユーザーはすべてWindows10になる?

Microsoft社のOSシリーズとして、「Windows8/8.1」の後継でリリースされたのがWindows10です。

 

今回のOSにはこれまでと大きく違う面があります。
それは、Microsoft社としては今後は新たにWindowsのメジャーアップデートを行うつもりはなく、細かい機能の追加や改善だけを繰り返していく、ということ。
これはつまり、Windows10をこれまでのOSの決定版とする、という意志のあらわれです。
したがって、Windows10ユーザーであればハードウェアが壊れるまではずっとサポートを受け続けることができ、OSについてはほぼ半永久的に使えるということになるわけです。

 

また、これまではタブレットやスマートフォンでは、それぞれ「Windows RT」や「Windows Phone」といったOSがWindowsのなかでも使い分けられていました。
しかし、これ以降はそのすべてを統一して、すべての端末でWindowsユーザーはWindows10を共通して使用することになります。

 

つまり、将来的にはWindowsユーザーであれば、かならずWindows10を使っている、という時代が訪れるわけですね。

 

XM.COMではWindows10を問題なく使用できる?

現在のところ、Windows7とWindows8.1のユーザーにはWindows10への無償アップグレードが用意されています。
ただし、無償期間は来年7月までの約1年とされているので、すでにアップグレードを済ませた方も多いのではないでしょうか。

 

その一方で、これまでもよくあったことですが、Windowsをメジャーアップデートすると以前まで問題なく使用できていたソフトやデバイスが使えなくなってしまうということも起こりうるので、今のところはまだ様子を見ているというユーザーもいると思います。

 

特に、FX取引でそのようなトラブルが起こると、損益までかかわってくることになので大変です。

 

XM.COMを利用しているトレーダーとして気になるのは、はやはりプラットフォームのMT4がちゃんと使用できるかどうか、という点ではないでしょうか。

 

その点について、公式にはまだアナウンスはされていません。
ただ、実際に使用したところでは起動にはまったく問題なく、レートの監視やチャートの分析、そしてさまざまな注文とどれもひととおり使用できるようです。

 

基本的には、Windows10にアップグレードでしてもXM.COMの利用には影響がないと考えてよさそうです。

 

とはいえ、細かい点ではまだ今後も不具合が報告されていく可能性もあるので、そのあたりが気になるという人は、まだしばらくは控えておいたほうがよいかもしれません。

 

無償アップグレードの期間を考慮しつつ、自分で良さそうなタイミングを判断してみましょう。

 

アップグレードを行うさいには、ひとつ注意点があります。
まず、時間が30分から1時間ほどかかってしまい、その最中にアップグレード自体を失敗してしまう可能性もあります。
その間はもちろん取引をすることができず、大幅に時間をロスしてしまうことになるので、
ちゃんとほかのパソコンや、スマートフォン、タブレットなどを用意して、ほかに取引できる環境を確保しつつ行ってください。

 

また、パソコンの設定によっては、ログインするときにふたたびパスワードの入力を求められることがあるので、しっかりメモを取っておくなどしましょう。