FXはチャンスの多い取引時間帯がある

FXはチャンスの多い取引時間帯がある

取引する時間がどの辺りがチャンスが多いの?

外国為替市場はつねに世界中のどこかで開かれているので、FX取引は24時間いつでも行うことができます。

もちろん、それに合わせてXM.COMでも24時間いつでも取引できるようになっているので、チャンスを逃すことはありません。

では、その取引時間とタイミングについて詳しく見ていきましょう。

取引がもっとも活発になる時間帯がチャンス!

取引がもっとも活発になる時間帯がチャンス

FX取引の舞台となるのは、世界の市場のなかでもおもに東京、ロンドン、ニューヨークの世界3大市場に、シドニー市場を加えた4つの市場となります。

これらの市場は、日本時間でシドニーが午前6時~午後13時に開くのを皮切りに、東京市場が午前9時~午後17時、ロンドン市場が午後18時~午前1時、ニューヨーク市場が午後23時~午前7時というように、ぐるりと地球を一周してほとんど切れ目なくつながっていきます。

このため、FX取引ではどの時間帯でも活発な取引に参加することができるわけです。

これらの市場のなかでも、特に取引が激しくなる時間帯が決まっているので、そのタイミングを狙うことでより利益を上げやすくなります。

たとえば、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドルなどの通貨ペアで取引をしている方も多いと思いますが、その場合であればヨーロッパとアメリカの市場がどちらも活発になる、午後23時~午前3時ごろが狙い目となるでしょう。

その逆に、午前8時~午前11時の時間帯は、シドニー市場以外では大きな動きが見られないので、できれば避けたほうがよいタイミングということになります。

これらの時間はすべて冬時間を基準としていますが、欧米ではサマータイムが採用されているので、東京以外の市場ではサマータイムの期間は開始と終了の時刻をそれぞれ一時間ずつ繰り上げてください。

サマータイムの時期は、オーストラリアが10月第1日曜日午前2時~4月第1日曜日午前3時、ヨーロッパが3月最終日曜日午前1時~10月最終日曜日午前1時、アメリカが3月第2日曜日午前2時~11月第1日曜日午前2時となっています。

経済指標のタイミングは必ずチェックしよう!

経済指標のタイミングはかならずチェックしよう

FX取引で重要になるタイミングには、ほかにも各国での経済指標の発表があります。

その結果次第ではレートが激しく動くこともあるので、大きな利益を出そうと思えば絶対に見逃せないチャンスです。

発表がどのタイミングで行われるかは、各国によってスケジュールが決まっているので、ぜひチェックしておいてください。

もちろん、それだけ利益が大きくなりやすいということは、同時に大きな損失を生むリスクも抱えているということです。

ですので、まだそのような情報収集に慣れていない初心者のトレーダーであれば、むしろ避けておいたほうがよいタイミングといえるかもしれません。

どちらにしても、経済指標が発表されるタイミングを抑えておくことは、すべてのトレーダーにとって重要なポイントといえるでしょう。

XM.COMで取引できる時間帯は?

XM.COMの営業日は、日本時間で月曜日の午前7:05から土曜日の午前6:50までとなっています。

マータイムの期間は、ヨーロッパの基準に合わせてそれぞれ一時間ずつ繰り上がります。

営業日中であれば24時間いつでも取引を行うことができるので、上で述べたような取引のタイミングを見計らって、ぜひチャンスを狙ってみてください。

週末にポジションを持ち越してしまうと、予想もつかない値動きを見せることもあるため、特に営業が終わる時間帯には気をつけておくようにしましょう。

また、クリスマスを境に年末年始は営業日が不規則になるので、時期が近づいたら公式サイトでチェックするようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする