仮想通貨とFXどちらをやるべきか

仮想通貨とFXどちらをやるべきか

最近、仮想通貨が色々な意味で話題になっています。

例えばビットコインの急上昇による億越え投資家が量産されたや、流出騒動や、業者の取り締まりなどニュースにもなるほどの出来事がかなり多くあります。

そんな仮想通貨とFXならばどちらをやるべきなのかという考察を記載していきます。

仮想通貨について

そもそも仮想通貨って何かというと、オンラインゲームや、特定のコミュニティーで使える規制されていないデジタル通貨の一種で、開発者によって発行、管理がされていて、受け入れられている通貨のことです。(Bitcoinは例外)

仮想通貨とFXはどっちがいい?

仮想通貨とFXはどっちがいい?

まどろっこしいのは苦手なので結論から申しますと、私は断然FXにするべきだと思います。

その理由ですが、皆さんは仮想通貨の税率というのをご存知でしょうか?

まず、FXの税率ですが、どれだけ利益を出しても約20%(所得税15%地方税5%)と一律になっています。

では、仮想通貨の所得税率は、手に入った金額によって5段階に分かれていて、その額によって変わりますが、最大で4千万円以上の儲けが出ると4,796,000円を4,796,000円がなりますが、45%なのです。

一律で住民税の10%が課税されるので、合計で約55%の税金がかかることになります。

今回は50%で説明した方がわかりやすいと思うので50%として話します。

ということは仮想通貨で1億円のを手元に入手するには約2億円稼がなければならなくなります。

まぁ、仮想通貨で2億儲けを出すのは、今後仮想通貨が新たに出てその仮想通貨が話題になれば全然あり得ることですよね。

ですが、2億入手しても約1億円は税金として取られてしまうのです。

FXならば仮に2億の利益を出した場合、約1億6千万は手元に残ることになります。

なので、税率が30%変わるというのはとても大きいです。

それだけならばまぁ、まだ儲けが出ているしいいじゃんと思うかと思います。

ですが、もしも負けてしまった場合、FXでは負け分を確定申告するとそれ以降の3年間は繰越控となり、その確定申告した際、3年間はその負け分を取り戻すまでは税金はかからなくなります。

ですが、仮想通貨にはその制度がないためもしも負けた場合はその分はなかったことになってしまいます。

初心者でそれを知らずに一度負けてしまうと、投資をやっていく上ではかなりのハンデになります。

また、情報量も仮想通貨と比べると、FXの方が豊富で簡単に入ってきます。

以上のことから私は仮想通貨をやるよりもFXをやった方がいいとしています。

投資に関して初心者の人は特にFXにした方がいいです。

仮想通貨には手を出さない方がいいのか?

そうなってくると仮想通貨には手を出さない方がいいの?と思う方もいると思います。

私は手を出さない方がいいとは思いません。

「さっきあんなにFXにしろってゆったやん」と思うかもしれませんね。

具体的に言うと今からビットコインなど有名どころの仮想通貨に手を出しても遅く、プラスになってもあまり利益を得るのは難しくなっています。

ですが、今後新たに仮想通貨が開発されたり、6割以上の可能性で勝てる見込みのある情報を入手した場合は購入することを一考するのはありだからです。

勝てる可能性が高いのならば結局いくら取られようと手元にリア気が入るのだから当然です。

あくまで私が先ほどFXの方がお勧めと言ったのは情報もなく、今から有名どころの仮想通貨に手を出すのは勝率、勝ち分の見込みもそんな高いわけでもなく、税金も高く、繰越控がないのに投資に関する知識もない初心者の方は特に手は出さない方がいいということです。

また、現在は仮想通貨の税率は20%にしようという話もあるそうですが、20%になっても繰越控がなく、情報量の理由から、基本的に初心者の方にはFXの方をお勧めします。

最後に

以上の理由から私はFXをお勧めしていますが、あくまで決めるのは投資をする本人です。

どうしても仮想通貨がやりたいというのならば止める手段はありませんのでお任せしますが、いづれを選択しても悔いの残らない選択をすることを祈っています。

当ブログではXMを使ってFX取引を行うことをお勧めしています♪

XMの開設がお済でない方はこちらから

XMの口座開設ボタン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする