最強のMA(移動平均線)を探す。MAの期間を変えて検証してみる-FXの手法

今回は直近の値動きから、現在有効な移動平均線(以下MA)の期間を検証してみたいと思います。

MAはその算出方法に幾つかの種類がありますが、管理人はMAとEMA(指数平滑移動平均線)しか使いませんので、この2つで期間を検証してみたいと思います。

今回は一番オーソドックスなフツーのMAで検証。

また、画像を多用しておりますので、もし表示が重かったりしたらごめんなさい。

縮小表示してありますので、そのままではラインが見えづらいかと思います。

画像をクリックして頂ければ拡大します。

MAのインジケーターにもネットで無料配布されているだけでもかなりの数があります。

そしてMAは何を元に算出するのか、その算出方法はどうするのかという点でも様々な種類が存在します。

しかし、今回は通常の価格の動きを平均するMAの期間というテーマに絞って検証してみましょう。

最強のMAを探す

最強のMAを探す

MAの期間を決める。

まずは、MA、EMAの期間をある程度限定する必要があります。

期間を1~100までとかで検証してしまうと、MAは線ではなく画像になってしまいます。

実はこの状態をチャートに描くレインボーチャートというものもあります。

チャートというかインジケーターなんですけどね。画像をちょっと拝借してきました。

レインボーチャート

参考までにとどめておいてください。

まず、期間の選定ですが、1週間、1ヶ月、2ヶ月、半年、1年という設定でいきましょう。

1週間は7日ありますが、取引が行われるのは月曜から金曜までの5日間ですので、期間は5となります。

1ヶ月は4週という計算で期間20、2ヶ月は誤差を考慮して50、半年は150、1年は300、ついでに管理人の好きな期間600も2年と考え検証しましょう。

それぞれの期間のMAをチャートに描画してみる。

それでは、前項のMAの算出期間、5,20,50,150,300,600をそれぞれチャートに描画してみましょう。

時間足は管理人都合で1時間足を表示しております。

MAをそれぞれチャートに描画

ラインには期間の短い順に、白から赤へと変わるような色をつけてあります。

ラインの色付けも微妙かもしれません。自分でやってて微妙だな、、、

と思いました。ごめんなさい。

期間の短い方から、白・紫・水色・緑・黄色・赤という順です。

このチャートは15分足チャートです。

短期に大きな値動きがありましたので、MAが機能しているかどうかの検証ではなく、どちらかと言えばブレイクして、その後どう動くかという状態ですね。

これは今後の値動きの考察になりますので今回はスルーします。

少し過去に戻ってチャートを表示してみましょう。

こちらは少し過去の動きです。

経済動向等で、いったん下落してから再度上昇し始めた状態

他国の経済動向等で、いったん下落してから再度上昇し始めた状態が見られます(チャート中央)。

そして高値に到達するあたりでそこからの反落です。

MAの期間300が抵抗になっていることが分かります。

MAの期間は使い分けが大事

上記のチャートを見ていくと、大きな転換点やサポート・抵抗には大きめの期間のMA、短期的な上昇トレンドの時は短期MAが機能しているという感じですね。

今更ですが、これは当然と言えば当然なんです。

なぜかと言うと、短い期間の集合が長期MA、また、ローソク足に関しても同じで、短い期間のローソク足の集合が上位時間のローソク足だからです。

つまり、今回は15分足のチャートで検証していますが、例えばこれより上位の1時間足で機能している20MAは、15分足では80MAで表示することができます。

今回のチャートで機能している期間を日足に換算してみると、期間300は、

300÷24(24時間)÷4(15分は1時間の4分の1)=約3

600はその2倍なので、期間は6となります。

では、次は逆の思考です。日足で期間3や6の短期MAが機能している、あるいはするのか?

まぁ普通に考えて機能しませんよ。よほど強いはっきりした動きの場合で、年に数回あるかないかです。

ですがこれではどの期間が有効かなんてわかりません。

しかし、答えはもうすでに出ていますね。

移動平均線を駆使した手法は以下のサイトで解説しています。

今回の記事とは少し内容が異なりますが、特に何も考えずにMAより上では買い、下では売りをしていれば勝てる可能性が高いという事を説明しています。

移動平均線がシンプルで高勝率なFXのテクニカル分析

まとめ

大事なのは、自分の取引する時間足で機能していると見られる、有効なMAの期間を見つけることです。

今回の15分足でのチャートでは、150、300,600という期間のMAが有効であると考えられました。

これは、絶対ではありませんが、多くの取引が15分足での上記の期間で判断している可能性が高いということになります。

それはもしかしたら5分足での3倍の期間のMAかもしれませんし、1時間足で4分の1の期間のMAを意識しているのかもしれませんが。

要するに、その時の価格の動きとそれまでの価格の動きの中で、有効なMAの期間を常に探しだす努力が大切です。

そして、それを「有効かもしれない」と判断する材料として使えることが、最強のMAを使うことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする