レバレッジとは?高レバレッジは危険?

レバレッジとは?

レバレッジとは?

経済活動で、自己資本に対する利益率を他人資本を使用して高めること。

もしくはその高まる倍率です。

つまり、レバレッジとは「てこ」のようなもので、FXでは自分のお金を証拠金として預ける必要があるのですが、その証拠金に数倍~数百倍の「レバレッジ」を掛けることでかけた倍数の金額で取引できます。

なので、そのレバレッジにより少ない資本金で効率の良く利益を出すことが可能になります。

高レバレッジは危険?

高レバレッジは危険?

レバレッジは危険かというと使い方によっては危険ですし、基本的に皆さん低レバレッジでやるべきという意見が多いです。

ですが、私は最初から低レバレッジでやるべきだとは思いません。

その理由としては、私はレバレッジを上手く使えば危険なものではなく有益なものだと思っているからです。

まず、レバレッジを効かせて取引を行っても、値動きでの損益に違いはありません。

(また、0.1ロット(1万通貨)での取引で、ポジションを持った状態で100銭(1円)の値動きをすると、約1万円の損益が出ます。

1ロットだと(10万通貨)で10銭の値動きで、約1万円、100銭(1円)で10万円の損益が出ることになります。)

ただ必要な証拠金が少なくなるため、初心者だと売り買いするロット数が増えてしまう危険性があるのです。

なので、どのくらい変動するといくらの損益が出るのか頭に入れておく必要はあります。

ですが、ということは、要するに自己管理で取引が行いやすいということです。

レバレッジを掛けるならばその分自分で自分に合ったロット数で調整すればいいのです。

なので、高レバレッジでデイトレードをやる場合は、慣れて上手くなっても、基本残り残高の10分の1以下の資金を掛けることをお勧めします。

その理由は持つポジションが多すぎると損切ができなくなってしまうからです。

初心者はもっと低くてもいいと思います。

また、私がこのサイトで一番押しているFX業者がXMという海外の業者で、そこでは888倍までレバレッジがかけられます。

最低の投資金額は100円からなので、慣れるまでは、残高にもよりますが資金1万円~10万円以内なら100円程度から。

資金10万円以上なら1000円以内くらいで、どの程度の変動でどの程度損益が出るのか確認し、徐々に金額を上げて行き、自分のストレスにならない程度の金額を模索しながらやる事をお勧めします。

ただ「どうしても最初は低レバレッジからで後々高レバレッジがいい!」という場合でもXMでは1倍から888倍まで扱っており、

簡単に変更できるのでそこで調整するのもいいと思います。

レバレッジで大損したらどうなるの?

レバレッジで大損したらどうなるの?

まずはXMですが、XMはゼロカットシステムと言って0円になったら自動的にきれる機能がついています。

また、それで仮に多少マイナスになったとしてもマイナス分を帳消しにして0円にしてくれます。

その他は業者によって違いますが、日本の業者では基本的に上記のゼロカットシステムが導入されていると思いますが、

日本の業者ではレバレッジの最大は25倍までなので早々ロスカットされることはないかと思われます。

また、海外の業者の中にはその機能がない業者もあるので、都度扱う前にはゼロカットやロスカットが有効か調べたほうがいいです。

当ブログではXMを使ってFX取引を行うことをお勧めしています♪

XMの開設がお済でない方はこちらから

【簡単4ステップでXM口座開設】分かりやすく説明(説明画像あり)
XMとは? まず初めにXMとは何かというと、XMとは海外のFXの売り買いのできる場所です。 なんでわざわざ海外?と思われる方も...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする